17 Rolling Stones 

2016年9月 Part10 藤田善宏
2016年8月 Part9 スズキ拓朗
2016年6月 Part8 青田潤一
2016年5月 Part7 田中たつろう
2016年4月 Part6 オクダサトシ
2016年3月 Part5 ぎたろー
2016年1月 Part4 山本光二郎
2015年12月 Part3 古賀 剛
2015年11月 Part2 鎌倉道彦
2015年10月 Part1 平原慎太郎

title01title

 

――連載第2回は、年明け1月に二度目のソロ公演を控えた鎌倉道彦さんの登場です。まずはダンスとの出会いから、お話を伺えますでしょうか。

鎌倉 僕はちょうど、いわゆるコンテンポラリー・ダンスが世に出始めた過渡期にダンスと出会っているんですよ。だから「伊藤キムと輝く未来」「イデビアンクルー」には旗揚げの1995年に出演してるし、加えてコンドルズを名乗る以前の良平さんたちとも同じ年に一緒にやり始めている。“ダンスでお笑いを”ではないけれど、ただ踊るだけでなく、より楽しめる表現をダンス界の人たちが模索し始めたのが、あの頃だったんじゃないでしょうか。

――最初から、ダンサーをめざしていたわけではありませんよね?

鎌倉 最初は美大受験のために上京しました。高校三年の夏休み、実はオクダサトシの講習も受けているんです。当時は随分ヒドいことを言われました(笑)。結局浪人が続いて断念したんですが、その間もバンドをやったり中国武術に興味を持ったりと色々なことに手を出した末に、ダンスに目が向いた。身体を使い、やりたかった絵画や美術的な要素も、レベルの高いダンス創作には必要なことだと自分を納得させ(笑)始めてみようか、と。そうこうするうち、ダンスを習っていた木佐貫邦子先生回りで良平さんとも出会いました。

――出会いの印象など記憶にありますか?

鎌倉 単に、ダンスやってる男が回りに増えたのが嬉しくて、「最近こんな音楽聴いているんだけど」とか、結構積極的に話しかけていたみたいです。今思うと背伸びしてました(笑)。そのうち知人の公演でよく会うことがあり、そこで公演に誘ってもらった。オクダさんとも再会するんですが、2週間の講習で一緒になっただけなのに、一応「覚えている」と言ってくれました。

――長くつきあう仲間になる予感はあったのでしょうか?

鎌倉 いや、特別な感覚はなかったですね。ただ自然に続いていきそうな、居心地の良さは最初からありました。何か作っていても、良平さんはあまり「ダメ」と言わない。行き詰まったら回りに振って、そこから出たものをすくい取って作品にしていく自由な雰囲気があったので。普通ダンス・カンパニーでは、トップの振付家の世界観を実現する創作の仕方が多いじゃないですか。コンドルズはそこが違う。メンバーの色んなアイデア、要素をコラージュすることを良平さんが自然に良しとしていたのが、他にはない魅力で、それは今も変わりませんね。

――中国武術はいつから始められたのですか?

鎌倉 八卦掌という武術をコンドルズより少し早い94年頃から始めました。八卦掌は、小林拳のような打突系から、ジャッキー・チェンが映画でやった蛇拳のようなトリッキーな拳法を経て、身体の根本を見つめ直すところに戻り、発展してきた武術。身体の充実感、力を身体に満たすことから入っていき、時間はかかりますが、年齢に関係なく伸びが見込める武術なんです。

――「身体を知る」その思想は、ダンスにも繋がりますね。

鎌倉 同時期に始めたせいもありますが、確かにそうですね。「踊る」ことは「身体をよく観察する」ことですし、武術も「(身体の)状態を感じる」ほうが理解が早い。とはいえ、即それが振付のアイデアになるかといえば、そうでもないのですが。ただ、リフトのときなどは相手の身体のどこをどう支え、どう力を伝えるかなどに武術のスキルが役に立つ。だから、振りのアイデアを実現するためどう身体を使うか、という時には役立っているのかな、と思っています。

――旗揚げメンバーとして、20年の間にコンドルズに変化を感じていますか?

鎌倉 変わったのはメンバーと年齢くらいじゃないですか。本当に成長していない、この年齢になれば、もっと大人だと思っていたのに(笑)。それに海外など含め、創作・発表できる環境が広がっているのは事実ですが、それで偉ぶるような人たちでもないですし。
 あとは『遊育』のように、小さな子どもたち対象の企画も新たに始まりましたが、それも今まで培ってきたことを応用しただけ。もちろん、長く続くと良いなとは思っています。

 ※『遊育』は、コンドルズがNHKエデュケーショナルと一緒に2014年から開催している『コンドルズの遊育計画』のこと。

 コンドルズには色々な活動展開がありますが、そのどれも“ダンスとして出すか、違う表現か”というくらいの差異だと個人的には思うんです。共通しているのは「もっともっと面白いことがしたい」という欲求だけ。でも、僕がやるとどうも引きこもった作品になってしまうんですよね(笑)。

――それは、ソロの創作を体験しての実感ですか?

鎌倉 前回は「シェイクスピア」というお題、外からの働きかけもあったので、それほど閉じなくて済みましたが、どうしても内省的な考え方にはなりがちですね。「身体を考える」という発想からして、自分の内側を見つめるところがありますから。ただ、普段のコンドルズでは出せない自分の発想・表現を形にするには、ソロはやはり良い機会だと思いますし、名前から当てたタイトルの「未知秘庫」の字も、その意味ではハマったなと。

 次回のソロはまだ構想中ですが、“研ぎ澄ます”という言葉がキーワード。刀剣の研ぎ師の知人もいるので、見学させてもらいアイデアを膨らませようか、などとも考えています。

kama

――今、改めて鎌倉さんから見たコンドルズの魅力、とはどんなものでしょうか?

鎌倉 そうですねぇ……誰でも思いつくけれど普通は馬鹿馬鹿しくてやらないことを、ちゃんとやり切るところ、でしょうか。風船をつけて無重力っぽく歩く、とか中学生でもやらない(笑)。そういうことに、100%エネルギーを出せる・注げるのがコンドルズのスゴさで、だから『遊育』でも2、3歳児と真剣に遊んでみんなヘトヘトになっていた。あれ、普通の公演より疲れます(笑)。

 あと、コンドルズの作品には、近藤の身体に対する発見が何かしら織り込まれていることが多いんですよ。動きとしてはシンプルで、奇抜なものではないけれど、プロにも「おっ!」と思わせるし、普通のお客様には馴染みやすく楽しんでもらえる。それが、作品が求められ続ける理由の一つではないかと思います。

――では、20年から先のコンドルズに期待すること、やりたいことと言えば?

鎌倉 個人的にどうこうより、コンドルズにはこのままあり続けて欲しい。遅刻関係もかなりマシになってますし(笑)、僕自身の中にはやり続けたいという欲求しかありません。9学年差ある(山本)光二郎さんが先頭に立って踊っている以上、中間部の僕がへこたれる訳にもいかないし。そもそも良平さんは「60、70までもやりたい」と言っていたんです。誰かが死んでも「遺影を持って踊る」と(笑)。だから、みんななるべく年を取らないように、身体を充実させて欲しいなと思っています。