17 Rolling Stones 

2016年9月 Part10 藤田善宏
2016年8月 Part9 スズキ拓朗
2016年6月 Part8 青田潤一
2016年5月 Part7 田中たつろう
2016年4月 Part6 オクダサトシ
2016年3月 Part5 ぎたろー
2016年1月 Part4 山本光二郎
2015年12月 Part3 古賀 剛
2015年11月 Part2 鎌倉道彦
2015年10月 Part1 平原慎太郎

toptitle

 

―尖ったキャラクター、ビジュアルのメンバーだらけのコンドルズですが、中でも青田さんの存在感は突出しているように感じられます。ダンスとの出会いはどういうものだったのでしょう。

青田 もともとは左翼活動に没頭していたのですが、そこで挫折を経験しまして。社会復帰を考えなければいけなくなったんです。何をきっかけに、と考えていたとき思いついたのがダンスでした。身体を使うことと、可愛らしい女性がいることが不可欠だと思え、その要件を満たしたモダンダンス部を揺り籠にしながら、穏やかな社会復帰を図ろうとしたわけです。だから誰の紹介でもなく自分で入部し、女子に混じってバーレッスンを始めました。
 それと同時期に、群馬大学から早稲田の大学院に移って来た石渕(聡)さんが入部してきて出会い、男の先輩ができた気安さで余計に引き込まれていったところもありますね。

――いきなり石渕さんに出会ってしまうあたり、運命を感じます。

青田 もう一人、2、3歳上に林00さんという素晴らしい男性ダンサーがいたんです。オカマっぽくもマッチョでもなく、男らしいダンスでありながらある種の美を表現できるんだ、と林先輩の踊りから発見して、いよいよダンスが面白くなっていきました。

――近藤さんとの出会いはどのタイミングだったのですか?

青田 大学のモダンダンス部が集まる神戸でのフェスティバルに参加する際、関東一円のダンス部の男子が集まって企画をやろう、という話になったんです。「牛馬安全守護会」という、石渕さんの家にあったお札の文句をそのまま借りて名前にし、その集まりに横浜国大から参加したのが良平でした。
 最初の印象はあまり良いものじゃなくて。僕より圧倒的に運動神経が良くて、「なんだこの圧倒的な運動能力は。でも、ダンスはそれだけじゃねぇし!」と思った記憶があります。同級生だったので、負けん気が余計に刺激されたところもあるんでしょうね。20歳そこそこですから、ものすごくやんちゃで、髪を刈り上げ、そこに筋を何本も入れたような尖った髪型をして「俺スゲェだろ、カッコイイだろ!」という自己主張がプンプンしていて。「この野郎!!」と2年くらい思い続けてたんじゃないかな。自分からは仲良くなりませんでしたね。間を繋いでくれたのは石渕さんです。

――……ここまでで、初めて石渕さんの先輩らしいエピソードが聞けました。

青田 あぁ、奇天烈なエピソードが多いですからね(笑)。でも石渕さんは仲間や集団を大事にする人なんですよ。最初は僕も反抗的だったけれど、合宿稽古の時だったか、あまりに練習がキツくて僕が不貞腐れかけたことがあるんです。態度もどんどん悪くなって行き、稽古中、一人でトイレに出てきたら、石渕さんも後から来て隣りに立った。で、「俺の小便、二股に分かれてるんだ」と見せてくる。確かに二筋に分かれていて、それを見たとき「この人に対して反抗しても仕方ない、俺の負けだ」と心の武装解除ができて、素直になれた。

――…………男の連れションって大事なんですね。

青田 大事です。しかもそれは偶然ではなく、俺の様子をちゃんと見たうえでの石渕さんの気遣いだったんでしょう。振り返ってみれば同じことは、コンドルズになってからも何度かあったと思います。

――左翼活動への傾倒、大学では哲学を学び、現在はヨガのプロフェッショナルである青田さんですが、ダンスと、それに伴う人たちとの出会いはそんな、後に歩む道にも影響を与えているのでしょうか。

青田 内面的なことには、そう、影響はあったと思います。それまで表現、芸術活動に類することは何もやったことがなかったので。ダンスという表現のツールを初めて得て、方法を知ったことは大きな転機だったと思います。

――他者の思想や言葉ではなく、自分の内にあるものを表現する。それまでとは違う方向に舵を切ったわけですね。

青田 でも哲学とも、ヨガとも繋がってはいないですね。ダンスは自分にとって、もともと欠落していた分野なんです。ちょっとクソ真面目なところがあるもので、「苦手だからこそやらなきゃダメ」と始めたのが「人前で踊る、表現する。誰かと一緒に創る」ということ。結果、楽しくもなっていったんですが。

――そうこうするうちメンバーが集い、コンドルズという集団になっていくわけですが、参加に関して迷いなどはなかったのでしょうか。

青田 というか、僕はコンドルズというのは良平と勝山(康晴)のやりたいこと、ビジネスだと思っているんです。だからメンバーとして、与えられた責任は最低限果たすけれど、余分に協力するつもりはない。「集団が大きくなれば」「売れたら」みたいな期待は、最初からゼロです。
 ただ、先に言った通り自分の苦手克服という側面があったダンスと、それにまつわる表現の世界に身を置くに当たり、コンドルズは色々な意味で良い「場」ではあった。自分にもダンスを介してできることがある、表現したいものがあると思えるようになったのはコンドルズがあったからで、そこに乗せてもらえる以上は乗り続けたいという想いもまた、当初から変わらないものではあります。そういう僕の気持ちを知ったうえで、良平も勝山も、僕を切らずにこのままでいさせてくれる、器の大きい人たちですよ。

――コンドルズの公演は、メンバーそれぞれの得意なことを持ち寄ったものから構成・演出される部分が大きいかと思います。青田さんは、創作にどう関わっているのでしょう。

青田 僕は創ることには積極的には関わらない、自分はできるだけ素材に徹したいんです。ある時から変わったんですよね。参加から4、5年の間は自分も創らなければと思っていました。「踊らされるだけかよ、お前も創れ」と自分にツッコミを入れて。でもあるところから「どうにでも料理できる、素材でいることもいい」と思い始めた。料理人の腕がよければ輝けるし、逆ならば無惨にもなるけれど、それもまた面白いかな、と。結構はっきりとした意識の転換で、そこからは自分から稽古場での創る作業には参加していません。もちろん、創り手の意図をいかに汲み、具現化するかの部分では存分に頑張りますけど、それもあくまで素材としてで。

aota――「良い素材」でいることは、自分に自信がなければできないのでは?

青田 んー、そうだったかも知れないね。

――きっかけになった公演があるのですか?

青田 どこだろう……シアターアプルでやった、『オーバー・ザ・レインボー』(年)とか? 自分でもやっと、コンドルズの中で自分なりに仕事ができるようになった、と思えたんですよ。“スリー・ルーム”というネタがあって、その時参戦していた長塚圭史が回転する3つの部屋を覗いていくんですが、一部屋ずつに奇妙な住人がいる。僕は女の子の人形のスカートをめくったりしていたんだけど(笑)、あの頃くらいからかな。

――青田さんは、表現に向き合う前の段階で自己確認、自意識の置きどころについての考察を深くされているような気がします。

青田 それは、何にせよ表現する時に考えなければいけないし、だからこそ面白い部分でもあって。でも、それは自分の力じゃなくて、近藤良平が「自意識に負けない方法」を追求しているし、コンドルズのメンバーも自意識病にならないよう、ちゃんとディレクションしているんです。結構キビしくね。演技的なことで言えば、小林顕作も同じ視点で台本を書き、演出していると思う。経験もテクニックもない者たちに、いかに踊り、演じさせるかに関して、ちゃんと計算しているんですよ。

――コンドルズの方たちが、下手な俳優より自然体で舞台上に存在できる理由が、初めて分かった気がします。そして迎えた20周年ですが、近藤さんやコンドルズに関して、結成当初から今に至るまで、青田さんのお気持ちや見方は変わられているのでしょうか。

青田 良平には感謝していますよ。先にも言いましたがこういう、自分のできること以上には協力しないと決めている自分を、寛容に集団に起き、素材として使い続けてくれている。結果、僕は僕のやりたい表現を検証する場を得られていますから。コンドルズに関しては、活躍の場が広がろうとメンバーが増減しようとあまり関係ないというか、スタンスは変わらない。コンドルズで生活する人がいる以上は「ビジネス」の側面はあるわけで、そこは割り切って考えています。僕は「できること」をやるだけです。

――普段は演劇に関する取材が多いのですが、成立の経緯も成長の仕方も、コンドルズのような集団はあまり似た例を知りません。

青田 そうなんだ……でも、バンドにはこういうケースがあるんじゃない? 桑田圭祐という才能に周囲の人間が引かれて集まって……というのと同じで、ダチがつるんで作ったバンドが間違って売れちゃって、事務所に「ドラム下手だから変えろ」って言われても「俺ら全員でバンドだから」と同じメンバーでやり続ける、みたいな(笑)。

――なるほど、納得です。では最後に、青田さんがコンドルズの「この先」でやりたいこととは、どんなことでしょうか?

青田 やりたいこと、まだまだ一杯あるね、踊りでもコントの部分でも。割と大きな舞台に立つようになってからは、踊れる者に踊らせないと恰好がつかないところもあるだろうけれど、以前のようにダンスがメインのメンバーかどうかに関係なく全力で臨む、ダンス・シーンはやりたいし見たい。もっともっと可能性はあると思うし、全然退屈じゃない。まぁ、だからといって積極的に僕から創作に参加する気はなくて、「○○やってみたいなぁ」とか「オクダさんもっと踊ろうよ」とか呟くくらいだろうけど。そこはブレないですよ、僕は(笑)。

 

TEXT by SORA ONOE