17 Rolling Stones 

2016年9月 Part10 藤田善宏
2016年8月 Part9 スズキ拓朗
2016年6月 Part8 青田潤一
2016年5月 Part7 田中たつろう
2016年4月 Part6 オクダサトシ
2016年3月 Part5 ぎたろー
2016年1月 Part4 山本光二郎
2015年12月 Part3 古賀 剛
2015年11月 Part2 鎌倉道彦
2015年10月 Part1 平原慎太郎

toptitle

――桐朋学園演劇科で故 蜷川幸雄氏に薫陶を受け、一時はさいたまネクスト・シアターにも在籍したスズキさん。演劇界ではエリートとも言えるスタートを切っていますが、ダンスなどフィジカル系との出会いは学生時代ですよね?

スズキ そもそも最初は保育士をめざして受験勉強をしていたんです。それと同じ頃、地元・新潟に「ふるさときゃらばん」という老舗劇団が公演に来て、そこで初めて演劇というものを観ました。市民会館で、ビールケースを土台に組んだような舞台だったんですが本当に良くて。急に演劇に興味が湧いてしまったんです。でも演劇の「え」の字も知らない状態だったのでネットで検索したら、最初にシェイクスピア、次いで蜷川さんの名前が出てきて、「じゃあ蜷川さんのいる大学に」と桐朋を受けて合格しました。早々に「なんか思ってたのと違う……」となったんですが(笑)。

――何が「違った」のですか?

スズキ ふる・きゃらは音楽を生演奏で入れていて。後から考えてみると、それを聴いて身体的にすごく刺激されたのが、僕が「演劇って面白い!」と思った理由だったんですよね。だから、大学の学びの中心にあった新劇や古典などは僕にとっては予想外で、興味を持つのがはじめのうちは難しかったわけです。当時は野田秀樹さんなど、フィジカルを重要視した演劇も注目を集めていましたし。ただ、考えてみると、大学で学んだ基礎があるから今、いろんな集団に呼んでいただいて幅広い作品に参加させていただけるのだと思いますが。

――ご自身で活動しようと思い立ったのは、いつ頃ですか?

スズキ 大学も4年になったくらいですね。友達と「劇団を作ろう」となり「フィジカル担当になるよ」と手を上げたんですが、ダンスの知識やスキルを勉強したのは、その後から。最初はセッションハウスで、ピナ・バウシュの舞踊団のメンバー、ジャン・サスポータスのワークショップを受けました。“自分の内面にあるドラマを身体で視覚化してドラマをつくる”という内容で、すごく面白かったんですよね。

――出発点がセッションハウスだったことが、既に運命的ですね。身体を動かすことには自信があったんですか?

スズキ 高校時代ずっとバスケットボールをやっていて、プロも考えていたんです。でも怪我で続けられなくなって。振りの中にある“コンドルズ・ジャンプ”。僕はバスケのジャンプで跳んでます。他にも野球、サッカー、水泳、空手なんかもやっていて。

――もしかしてイカつい時期があったんですか、スズキさん。

スズキ すっごい筋肉隆々だったんですよ、脱いだらスゴイ感じで。今は筋肉らしいものは見えないかも知れませんが(笑)。最初の劇団はでも、空中分解しちゃったんですが、同じ年(2007年)の桐朋祭で「CHAiroiPLIN」というダンスカンパニーを立ち上げ、『さりげなくポトフ』を発表しました。パスカル・コムラードの音楽が好きで、それをふんだんに使った作品で、これが初めての振付です。

――集団で活動していこうと、すぐ決められたのですか?

スズキ やって行こうとは思いましたが、あまりに外を知らなかったので、他の振付家の作品のオーディションを受けるなどしていました。東野祥子さん、山田うんさん、矢内原美邦さんなど女性の振付家が多くて、当時はゲイだと思われていたフシがあります、僕(笑)。演劇をやっていたので、台詞を言わせたり芝居っぽいことをさせたりに便利だったんでしょうけれど、皆さん第一線の振付家なので、僕自身は非常に勉強になりました。

――もうひとつ「tamago PLIN」という集団でも活動していらっしゃいますよね?

スズキ はい、そちらは桐朋の後輩で身長150cm代の女性による「パフォーマンス集団・たまご」が始めにあり、彼女たちから「せんがわ劇場演劇コンクールに参加したいので、一緒に何かやりませんか」と言われて始めた、僕らとの合体ユニットです。2010年のことでした。そのときの作品『空想石』(水木しげる原作)でオーディエンス賞をいただき、受賞者公演として翌年発表したのが『さいあい~シェイクスピア・レシピ~』です。

――各種コンクールを総なめにした作品ですね。

スズキ はい、ありがたいことに「若手演出家コンクール2011」(優秀賞)、「第3回世田谷区芸術アワード“飛翔”」など、色々なところで評価をいただいて何度も再演できました。お金がないので自主公演はキビしい。そんな時期に、あれだけ多くの場所で作品を発表できたのは、本当に幸せでした。簡易な装置や着替え易い衣裳、展開の速さなど今の僕の作品の特徴は、それらコンクールの場で身につけたスキルによるものなのかも知れませんね。

――それだけ活動の初期に、周囲から評価されていたにも関わらず、コンドルズにも参加されたのは何故なのでしょう?

スズキ 僕、最初はコンドルズどころか良平さんのことも知らなかったんですよ、セッションハウスに出入りしてたのに(笑)。いや、ほんとにダメですよ。しかも知り合うきっかけが「失恋」ですから。当時つきあっていた人とは、結婚を考えていたほどで、そのための貯金もしていたんです。でも、非常に不本意なことになり、「貯金も使ってしまわなければ、この痛手から立ち直れない! よしダンスに使おう」と。で、一番高い合宿ワークショップが、良平さんが京都でやったものだったんです。

――……せ、青春ですね。

オクダスズキ 若さゆえの闇に、完全に迷い込んでました。行ってみたら良平さんと藤田さんが講師で、僕、その時に初めて男性の振付家に学んだんですよ。挙句に、「自分の好きな音楽を持ち寄ってシーンを作る」という作業の時に、良平さんに「パルカル・コムラードって知ってますか? 僕大好きなんですけど」と言い放ち、「知ってるも何も一緒に創作してるよ!」と怒られて(笑)。

――あぁ、地雷を踏んでしまった。

スズキ 後からご自分が写っているジャケットのCDとか一杯見せられました(笑)。結果的には仲良くなって、良平さんがやっていたセッションハウスの「山羊シリーズ」にも誘っていただいて。「次、山羊あるけどどう?」ってメールをいただいて、最初はヤギを食べる会かと思ったんですよね。2週間くらい日程が来て「そんなに食べられない!」と思ったあと、調べてみたらダンスの企画で慌てて返信した、みたいな(笑)。

――日本語の不自由な人同士の会話ですか……。

スズキ ねぇ、ホント。その打上げですね、二次会に行く途中のゴミ捨て場のそばで、藤田さんに「コンドルズどう?」と誘っていただいたんです。「目が点になってた」と藤田さんには後から言われましたけど、集団に興味があったので「入ります」とすぐに返事をしました。その前に観た『狼たちの午後』もすごく面白かったし。

 そもそも僕は、常に自分以外のところに興味を持っていたくて。最近、うちの映像や宣伝美術をお願いしている青山健一さんと話していて、「自分の絵を描くとすぐ終わってしまうけれど、自分の周りのものを描くのは永遠に終わらない」と言われたんです。僕はまさにそれで、自分以外の場所に身を置くことで自分のやりたいことがわかるタイプじゃないかと思うんです。

――では、加入に不安はなかったと。

スズキ はい、先輩方もコンドルズ以外にご自身のやりたいことをやっている方ばかりでしたから。それに勝山さんに「自分のところ活動休止したほうがいいですか?」と訊いたら、「そんな必要はない。オレもバンドやってるし、コンドルズ一つに賭けるようなヤツには興味ない」と言われましたし。

――先輩方はコンドルズという集団、そのありようや自分たちの参加の仕方に自信があり、後進をそこに縛りつけなくても良くなっているのでしょうね。普通のカンパニーならば、集団性やメソッドなどで結び合うことを前提にしますが、コンドルズはそういうことを敢えて表に出さないようにしているのでは、と思えます。

スズキ それがコンドルズのメソッドなのかも知れないですね。良平さんを始め、メンバーから自由に出る空気感から自然に醸し出されたメソッドというか。

――今日まで活動を続けて、当初の印象は変わっていませんか?

スズキ 変わりません。歌舞伎に似ている気がするのですが、作品を創るときの構成やダンスの振り、手順などはだいたい決まっているのですが、毎回のタイトルやテーマ、良平さんのやりたいこと、時事ネタなど含めて新鮮に興味を持てることが持ち寄れるんです。「稽古場に何か持っていかなきゃ」と思わされる。毎回勝負賭けている、自分の役割の提示の仕方がみんな真剣なので。

――今年、平原慎太郎さんと二作ずつソロ・デュオ作品の連続上演した際のトークで「コンドルズにいる時のほうが、カッコイイと言われる」と仰っていたのが、非常に印象的なのですが。

スズキ 本当にそうで、自分の作品でカッコつけるのは恥ずかしいし、出番もあまり作れないんですよ。ヘンな動きのほうが興味あるし(笑)。でもコンドルズでは“ヤァッ!”と振り切れるキメのシーンがある。そういう自分からできないことができるのはラッキーだし、だからコンドルズにいる時は、振り付けられることに徹しています。ダンサーとしてのスズキ拓朗を見ていただけるのは、コンドルズがあってのことですね。

 それとコンドルズのスゴイところは、メンバー全員に「この分野ではオレは誰にも負けない」と思えるところがあることだと思うんです。「舞台上で今、この瞬間はオレが一番光っている」と常に、みんな思っているはずだし、僕もそう思ってる。あのモチベーションの高さは、他にないものだと思います。

――では最後に、20周年のその先のコンドルズに対してのスズキさんの希望、展望などを聞かせてください。

スズキ まず周年公演としてのNHKホール、しかも2daysになったのは本当にカッコイイと思います。

 やりたいことは……僕ら若手も増えてきましたが、その位置づけはまだ「形」になってないと思うんです。きっとコンドルズの歴史の中でも新しい部分で、僕らからどういう影響を本体に与えられるか、今後さらに突き詰めたい。それが確立した「光」になれば、コンドルズが始まった頃からついて来て下さったお客様方が感じた「輝き」、それは良平さんも勝山さんもずっと持ち続けていると思いますが、それに匹敵する「光」を僕ら若手の層から発せられたら面白いんじゃないか、と。いつか本体と若手と分かれて、同時に別の公演をやってるとか、若手は白学ランとか(笑)、そんなことにまでなったら良いですね。

 あとは、このカンパニーがこのままに何十年続けられるか。僕はそこで何に貢献できるのか。そこにこそ一番興味があるかも知れません。

 

TEXT by SORA ONOE