17 Rolling Stones 

2016年9月 Part10 藤田善宏
2016年8月 Part9 スズキ拓朗
2016年6月 Part8 青田潤一
2016年5月 Part7 田中たつろう
2016年4月 Part6 オクダサトシ
2016年3月 Part5 ぎたろー
2016年1月 Part4 山本光二郎
2015年12月 Part3 古賀 剛
2015年11月 Part2 鎌倉道彦
2015年10月 Part1 平原慎太郎

toptitle

――藤田さんのコンドルズ参戦の経緯は、勝山(康晴)さん著「コンドルズ血風録」に詳細に書かれていますが、あれが真実ということで宜しいでしょうか?

藤田 何割真実かと言えば……いや、大部分真実ってことでイイと思います(笑)。

――そもそもはやはり、群馬大学の先輩・石渕(聡)の引きが大きい訳ですよね?

藤田 ええ、大学のダンス部が20周年を迎え、その記念公演があったんです。その打上げの席で石渕さんに「今、何してるの?」と訊かれて。当時僕は、卒業だけが決まってる状態だったんです。正直にそれを言うと「近藤良平って人と、ちょこちょこダンス絡みのことやってるんだけど、時間あったら東京来ない?」と。良平さんのことは知ってはいたんです。それにその頃、関東の大学のダンス部の合同公演があって、そこで良平さんや古賀(剛)さんとも会うことになって。男性部員が少ない業界なので、逆に繋がりやすい状況にはあったんだと思います。
 
――最初に近藤さんと、直接コンタクトを取ったのは?

藤田 石渕さんの強い誘いで東京に行くことになった時点で、良平さんとミーティングすることになっていたんです。場所は、当時良平さんが住んでいた初台の古いアパート。一通り話が終わって、石渕さんは「帰るわ」と。「僕はどうしたら?」「泊まっていけば」という流れで、そのまま3、4泊しちゃって。気づいたら小麦粉を練っていて、二人でナンとカレーを作り、食事してましたね(笑)。翌日は、リハーサルに行く良平さんを見送り、僕は掃除と洗濯して、帰ってきたら「お帰りなさい」と。いきなり夫婦みたいになっていて、つくづく懐の深い人だなと感動しました。

fuji――藤田さんの適応力も半端ないと思います。

藤田 「ま、いいか」と思っちゃうタイプなんですよね、どうも。

――少し溯り、藤田さんとダンスの出会いも伺えますか。

藤田 大学に入学し、寮に入ったんです。そこで知り合った友達が先にダンス部に入って、「男がもう一人欲しいなぁ」と。聞き流してたんですが、寮の飲み会で先輩に芸を見せろと言われ、ピンクレディの「UFO」を踊ったら、その友達が「踊れるじゃん!」と喜んで、そのまま強引にダンス部に入れられました。コンドルズにも出ていた、たこいまことなんですけどね、同級生だったもので。彼に首根っこをつかまれなかったら、多分ダンスはやってなかったと思います。ダンス体験なんて、ご褒美のお菓子や、浴衣姿の粋なお姉さんに褒められたくて踊った子どもの頃の盆踊りくらいですから(笑)。

――近藤さんと出会って以降、本格的にダンスを続ける気持ちになられたんですか?

藤田 いえ、ダンス部の延長のように、年1、2回軽く集まって作品をつくり、セッションハウスで公演できればいいかなという感じでした。草野球感覚ですね。まだ、群馬から4、5時間かけて原付で通ってましたから(笑)。
 そうこうしているうちに「次はアゴラで」「グローブ座のフェスティバルに出る」というような展開があり、「コンドルズとして活動していくんだ……」と少しずつ思い始めていった感じで、僕は。

――流れに身を任せるように?

藤田 そうですね、特に初期は「ダンスやるぞ!」という感じではありませんでした。他のメンバーも僕同様、フラッと入ってきた人が多いと思いますよ(笑)。
    
――いつ頃からプロを、ダンスを職業とする自覚を持たれたのでしょう。

藤田 そうですねぇ……最近入った若めのメンバーは、コンドルズに入る前からダンスにちゃんと接していたり、コンドルズの活動そのものをよく知った状態だったりするじゃないですか。コンドルズ旗揚げ当時に比べると、ダンス界そのものも成熟してきたし、「ダンスでやっていける」というビジョンも持ちやすいと思うんです。でも僕らの頃はワークショップという言葉すらほとんど認知されておらず、「ダンスで食べていける人なんていない」と思っていた。
 そんな状態だったので、プロというか、「これならやっていけるかも」と思えたのは全国ツアーができて、東京以外からも呼んでいただけるようになったくらいからでしょうか。

――確かに、コンドルズの歴史は日本でコンテンポラリーダンスの社会的認知が上がっていく過程と、重なっているように思えます。

藤田 そう、ダンス界だけでなく演劇や、他のメディアに認められたというのもコンドルズの特徴だし、活動の方向性としても大きな部分じゃないかと思います。
 
――藤田さんはそれら外部での仕事を、近藤さんと一緒に最も多く体験しているのではないでしょうか。

藤田 そうですね。当時は振付家と言えば女性が多かったので、男っぽさや面白可笑しさが特徴の良平さんやコンドルズの踊りは異色で、だからこそ需要もあったのでしょう。それにメンバーだけでもチビやデブやノッポなど、色んな身体を良平さんは踊らせて来た。だからダンサーでない人が多い、演劇の場からも仕事をいただけたんだと思います。
  
――「ダンスは訓練を受けた一握りの人たちのものではなく、どんな人や身体にも楽しめるものだ」と打ち出したのは、近藤さんとコンドルズとの大きな仕事ですね。

藤田 そう思います。コンドルズのメンバーは、ダンスのスキルはバラバラでも舞台での立ちっぷりが皆、すごく良いんですよ。度胸なのか、存在感と言うべきか。加齢も含めて(笑)そこは年々充実していますよね。加えて踊れる若手も入って、両者の魅力の対比みたいなことも、今のコンドルズの魅力の一つでしょう。「年を取ったから踊れない」ではなく、「年を取ったからこそ踊れるダンスがある」という。

――そういう藤田さんこそ、創立以来ずっと最前線で踊ってきた、世代を超越した方かと思いますが。

藤田 いやぁ必死に抗ってるだけですよ(笑)。若手、と言われるメンバーを見ていると、羨ましいと思うこともあります。同じ年くらいから僕もコンドルズをずっとやってきましたが、今の彼らほどビジョンを持っていなかった。頭の中は「コンドルズを面白くしよう」ということだけ。でも今の若手は「日本のダンス界」や「ダンスというもの」に関して、半分くらいは見えた状態でコンドルズで活動している。そういう視野の広さが、僕にはなかったものなので。だからこそ、今、彼らからは良い刺激がもらえてるんですけどね。

――とはいえ藤田さんも、ご自身のダンス作品や「累累」(パントマイマー・丸山和彰とのユニット)、「ニヴァンテ」(タップダンサー・村田正樹とのユニット)での活動など、外に向けて展開していることがありますよね。
 
藤田 はい。僕はずっとコンドルズを大きく面白くすることばかり考えて来て、良平さんや勝さんに続いて、それを支える活動に充実感を感じてきたのですが、自分主導で作品を作ってみて初めてその面白さを楽しむ余裕も出てきましたね。
それでも、集団で作品を作るというコンドルズでの経験が僕の中には息づいているので、ソロ作品よりは自分以外の他者が存在する作品のほうが、より僕らしさが出せて、そこにドラマが生み出せるように思えます。なので個人の活動も、「ジャンル関係なくその時やりたい人とやりたい事を」というコミュニティを実現させる為に、CAT-A-TAC(キャットアタック)というプロデュースユニットという形式を取っています。対話しながら作品を作る、のが僕の性に合うみたいです。

―“一人で踊る”よりみんなでつくる”ほうが、藤田さんのモチベーションは上がる、と。
藤田 まぁそうですね。みんなで、いかに面白い作品をつくり、お客さんを盛り上げ、いかに美味しいビールを飲むか、というのが僕の生涯変わらぬ命題なので(笑)。もちろんダンサーであり、つくり手でもある自分というものが強みや武器になるなら、それはコンドルズでも他でも十分に活用したいと思っていますが。
 ――そんな「武器」の持ち主の集まりがコンドルズですから。藤田さんから見て、コンドルズの集団性はこの20年で変わったと思われますか?

fuji藤田 基本は変わらないんじゃないかな。公演が決まれば集まり、ものをつくり、終われば「解散!」という感覚。それに男ばかりだから、家族や家庭を持っても良い意味での“男の無責任さ”が距離感を変えずに、コンドルズという名前と作品のためにだけ集まる人々でいさせてくれる。辞めようかと悩んだこともないですし、特別儲かったこともない。ただ、若かった頃は、飲みミーティングの代金のために貯金がゼロに近くなり、「飲み会に誘わないで!」と悲鳴を上げたことはありますが(笑)。

――……切ないエピソードです。そうこうしているうちに20年。NHKホールに至っては、2日公演になりました。

藤田 僕自身、完売はないと思っていたのでビックリ。オカしいですよね? なんだか。まぁ追加になった回は何人来て下さるか、勝負だなと思っていますが。

――20年の先、コンドルズの未来についての藤田さんからの期待や希望はありますか?

藤田 ヘンな話、最年長の(山本)光二郎さんが倒れなければいいな、と(笑)。それはオクダ(サトシ)さんや石渕(聡)さんも同じで、筋肉の質から鍛え方、メンタルまで本当にスゴイんです。だから、あの3人が「辞める」なんて言い出したら、コンドルズのカウントダウンが始まる、先が見えてしまう気がする。だから3人には80歳過ぎまで踊って欲しいと思います。となると50周年が祝えますね(笑)。
 それはまだかなり先ですが、次は25年、その次は30年とコツコツこのまま続けていけたら、コンドルズはそれで良い気がします。誰一人欠けずに、ね。
 んー、でも折角だから大きな野望も持っておきたいですよねぇ。NHKホールの次は……国技館? それとも武道館!!(広報N氏より「アイドル枠がないと無理じゃないでしょうか」とツッコミ)いや、そこはコンドルズ・メンバーのみにこだわりたい。だとすると……このタイミングなんで、東京オリンピックにいっちょ噛んで、最終的には園遊会に招いていただく、なんてどうでしょうか(笑)。  

 

TEXT by SORA ONOE